2009年01月28日

♪ズンズンズンズンズンズンズンズン小松菜の親分さん

従兄弟の嫁さんが送ってくれた小松菜をゴマ油で炒めました。

塩、コショウを振りわすれてちょっともっさりした味になってしまし

ました。



さすが無農薬の葉ものは育ちが良いです。

葉がデカイ!

茎が太い!

色も味も濃い!

とにかく美味しいです。
posted by hinata at 22:58| 東京 ☁| Comment(4) | ザ・男の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

具沢山にもほどがあるだろ!!保土ヶ谷!

姉の葬儀のとき、いとこの嫁さんと始めて言葉を交わしました。

おいらの実家は埼玉県の深谷市です。

そうです。深谷ネギで有名なあの深谷です。

いとこ夫婦も深谷に住んでいるらしいのですが、近所の農家のおじさ

さんと知り合いで、『好きな分だけ持ってけ、持ってけ!』と無農薬

野菜をくれるそうなのです。(農作業も手伝うそうですが。)

基本、農家の方は自分で食べる分だけは農薬を使わないそうです!

そりゃそうですよねぇ。

まさに無農薬栽培の野菜を食べているのです。

っで、おいらの最近の玄米食・自然食生活を話したら、早速送ってく

れました。

ほうれん草。(中サイズのマウスと比べてます。)



デカッ!!

無農薬だとこんなデカく育つんだぁ!?と関心するデカさです。

そこらへんのスーパーで売っている茎に葉がごにょごにょっと、

♪ゴ〜ニョ、ゴ〜ニョゴニョほぅれん草のゴ〜ニョ

ってな感じのほうれん草とは訳が違います。育ちが違います。

そして、煮ても灰汁(アク)の出方が違います、というかほとんど出ません。

そのほうれん草と生わかめで味噌汁を作りました。



具沢山になってしまいました。子沢山も大変ですが、具沢山も大変です。

具、入れ過ぎです!

具、入れ過ぎでGood!です(あ〜江戸さん大して好きじゃないのに〜(-_-;))

・・・ほうれん草とわかめは、合いません(~_~;)色も近いし。近石真介。
posted by hinata at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | ザ・男の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

白菜の梅肉漬け。

とある方から『梅肉につけるのは白菜もいいよ!ビニールに入れ

て揉んでね。』と教わったので、漬けてみました。

揉む前です。


揉むのはもちろん好きです。

揉みました。

いろいろ思いながら。

そして、つい力が入りビニールの一部が破けて梅肉が出てきてしまっ

たので、タッパーに入れ替えました。



やや汚らしいのですが、これが味覚的に最高のポテンシャルを引き出す

こと受けあいと信じて、一晩寝かせます。

そしておいらも寝ます。

おやすみなさい(-_-)zzz
posted by hinata at 23:13| 東京 ☀| Comment(1) | ザ・男の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

大根の梅肉漬けしそ巻き。

しそで巻きました。



しそ旨!!やっぱり梅と良く合います。・・・大根だけど。

思わず口ずさみたくなりました。

♪し〜そ〜巻き巻き し〜そ〜巻き巻き 巻い〜て 巻い〜て とんとん拍子♪
posted by hinata at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | ザ・男の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

大根の梅肉漬け2日目

1日目は、外から見ただけなのですが色も変わって無く、ちゃんと漬か

っているのか不安だったので、ちゃんとちゃんとの味の素ということ

で、2日漬けることにしました。

っで、本日2日目・・・。

やっぱり色は白いまま。

う〜ん、全然漬かってないように見えます。



っが、食べてびっくり玉手箱。それは開けてです。

大根が少し柔らかくなって、味はすっかり梅干の味でした!(^^)!

はっきり言って、漬かり過ぎでした。

大根の味が全くと言っていいほど、感じられませんでした(~_~;)

物事は見た目で判断してはいけないという教訓です。

しかし、大変な感激でした。

やればできる!の教訓でもありました。

ただ残念だったのは漬かり過ぎと、やっぱり安い梅だったため、

すっぱいだけであまり味わいが無かったことです。

もしかして、しそ巻きとかにして食べるとすっぱいだけじゃなくいけ

るかも。・・・しその味が加わるだけだと思うけど。

と考え、明日、しそ買ってきて巻いて食べます(^_^)v
ラベル:しそ
posted by hinata at 23:46| 東京 ☀| Comment(0) | ザ・男の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

梅肉床。

うちの冷蔵庫の中に、半年くらい前に1.5kgぐらい買った梅干が、まだ大分残って

いまして。

安かっただけに、やや硬い梅干もあったりしてなかなか減らなかったのですが、

こないだ、とある方から大根の梅肉漬けの話を聞きまして作ってみることにしました。

作り方まで詳しく聞いたわけではないのですが・・・とは言え、とにかく大根を梅肉に

漬ければいいことですから、以下勝手にやってみました。

@梅干から種を取り、プラスチックのタッパの中でフォークを使って梅肉を潰します。
 左は取り除いた種。


A5mm厚くらいに切った大根を、梅肉でサンドウィッチするように重ねて漬けます。


B一番上に乗せる梅肉が無くなった場合は、種を乗せます。


このとき既に種を取り除く段階で、つまみ食いのように種を口に含み捨ててしまっていた

場合は、最後の大根はお味噌汁の具として使いましょう。


尚、この梅肉はもしかして、ぬか床のように使いまわしと言うか、漬けまわしが利くかも・・・

と、おいら密かに思ったりしています(^。^)


これで一晩漬けて、明日また様子をみることとして今夜は寝ます。

おやすみなさい(_ _)zzz
posted by hinata at 23:09| 東京 ☀| Comment(2) | ザ・男の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新年のニュ〜マシン。

玄米を簡単に炊きたくて、新年早々炊飯器のニュ〜マシンを購入しました。

AMAZONで定価46,200円が17,000円で購入できました(^_^)v

ZOJIRUSHIの『圧力IH炊飯ジャー極め炊き NP-HY10-XJ ステンレスブラウン』です。





さっそく炊くことにしました。



炊き方は、ネット『玄米 炊き方』をキーワードに検索してとあるページを参照。

真ん中に入れたのは梅干です。

玄米は水に浸すのも炊くのも2時間くらいずつ掛かるそうなので、ちと面倒です。

でも圧力鍋で炊くよりは、いろいろと手間が省けるように思います。

うるさくないし。

出来上がりは・・・、こんな感じです。



梅干が埋もれてるというか、霜が降った時の石ころのような存在に

なってました(^。^)
posted by hinata at 19:13| 東京 ☀| Comment(0) | ザ・男の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

玄米・菜食(洋菓子食)宣言!!

先日、おいらの姉がスキルス胃癌であることがわかり、50歳という年齢でもやっぱり

癌になるものだなぁ、と身内がなって改めて認識した次第なのです。

姉は、森下敬一というお茶の水クリニックという病院を設立した先生がいるのですが、

その先生が40年近く前に出版した『くすりをいっさい使わないで病気を治す本』で癌と

闘う気満々でおります。

この本の中で、森下先生は、玄米食・菜食を中心とし、薬草茶、漢方薬で病気は治る!

薬などに頼らなくても十分健康になれる!

ということを書いているようです(今Amazonで注文しており、これから読みます(~_~;))

姉は、『祖父がこれによって余命1年と言われたのに5年も生きた。でも結局亡くなった

のは、良くなったところでこれを止めたからだ!』と、もう35年以上前から持っていた

その本を手に話していまして、『祖父の敵を私が討つ』的な勢いになっております。

確かに癌と闘うにはそんな勢いも大切かとも思います。

ということでおいら、自分自身について考えてみることにしました。

姉とはnつ、歳がはなれているものの、ケーキばっかり食べていると、おいらも癌にならない

とも限りません。いえいえ、決してケーキに発がん性物質が含まれているいるというようなこと

ではなく、好きなものばかりで暴飲暴食していると・・・、のたとえです。

最近は特に、アレルギー症状で、喉や耳、肌などがイカれ始めているように思います。

また人間ドックなどでは大概、肥満気味とか脂肪肝などという言葉が結果についてきます。

しかしケーキを止めるつもりもないので、せめて週末など家でご飯を食べる時くらいは、

玄米・菜食コースで行こうかと考えました。

っで、さっそくですが、玄米と大根のお味噌汁で今夜の夕飯を頂きました。



葉っぱ付きの有機栽培大根(1個315円でした^^;)を葉っぱも一緒に、これまた有機米、

有機大豆他で作った有機味噌で煮て、味噌汁を作りました。

今日のところは、レトルトの玄米ですが、2キロの玄米も買ったので、近々炊いて食べる

ことにします!


そして、食べてから約1時間後。

何やらもようしたくなってきました。

・・・なんとなくいつもと違うすっきり感。

食後しばらくお腹の中が温かい感じがしていたのですが、それと関係があるのか無いのか・・・。

また、妙なすっきり感もたまたまなのか否か。


・・・玄米食は続く。
posted by hinata at 19:46| 東京 ☀| Comment(1) | ザ・男の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

大根のコンソメ煮。

ふろふき大根風コンソメ煮です。

600ccの水に固形コンソメ2ヶ、塩、黒胡椒を少々。

コンソメで煮たとか味付けがどうとか、そういう問題ではなく、

大根は大根としてそのまま美味しい気がしました。

ちなみに大根の葉というか、茎も一緒に煮てみました。

posted by hinata at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | ザ・男の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

ポトフうどん。

最近は、ポトフにうどんを入れて食べています。

posted by hinata at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | ザ・男の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

♪Congratulations Your Celebration mm〜〜

ビールのCMで佐藤浩市がしいたけを醤油で焼いているのを見て、おい

らも食べたくなりました。

おいらの場合は煙が出ないように、アルミホイルでくるんで、醤油と

にんべんのつゆの素を水でちょっと薄めてかけて、フライパンでしば

し。・・・それ茸(ダケ)。

posted by hinata at 23:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ザ・男の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

ちょっとイメージ違うかなぁ〜。

ポトフ作りました。

(鍋で煮始め)


で・き・ま・し・た。

(どんぶりに盛り付け)


ちょっと塩気が足りませんでした。

それにアネハ師匠のレシピに反して、野菜を適度に切り、にんにくを入れず、

黒胡椒を粒のまま入れず、決定的に違うのがブイヨンではなくコンソメを

使ったところでした。

でもまぁ最初はこんなもんで、十分おいしくできたかと。

特にあら挽きウィンナーうまかったです。

まだ材料も残っているので、次回はもっとおいしく。

ちなみ全然関係ありませんが、じゃがいもはレンジでチンしてバターを塗って

食べるのが好きです。
posted by hinata at 00:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ザ・男の料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。