2007年08月31日

メアドポータビリティも導入してくれぇ〜!!

おいらが今持っている携帯(SH901is)は、この9月で2年になります。

半年前くらいに電池の消耗が激しいので充電池パックを交換したのですが、

最近また電池の切れが早くなっています。

24ヶ月経つことですし、そろそろ機種変更の時期かと。

しかし、欲しい携帯電話って全然なくて困っています。

希望としては、

@N704iμくらい薄くて軽くて

Aiモ〜ド(メールだけで結構です)が使えて

Bカメラ機能が充実していて(300万画素くらいあって《500万画素以上は要りません》、オートフォーカス、ワンタッチ起動ボタンあり)

C5つくらいアラーム設定が出来て

E出来ればメモリスティックDuoが使えて

Fパソコンの画面に表示されたQRコ〜ドが必ず1回の読み取りで読み取れて

Gおサイフ機能があって

Hかなりの量のメモ登録が出来て

I簡単に簡潔なスケジュ〜ル登録が出来て

J@〜I以外の機能は一切なくて(液晶画面だとか、音が出るとか基本的な機能は

もちろん必要ですが)

K@〜I以外の機能が一切無い分値段が安い携帯が欲しいです。

近頃の携帯電話は機能使わない機能がありすぎです。

しかも、す・て・き と思えるデザインもありません。

先日、携帯電話の開発の過程と競争をNHKドキュメンタリ〜か何かで放

送していましたが、あ〜いう開発するメ〜カ〜の人は、自分だったら

この携帯電話欲しい〜!と思って開発しているのでしょうか?

開発する人も消費者では無いのでしょうか?

とても不思議です。


でも一番ほしい機能は、メアドポータビリティです。

Docomo以外で欲しい携帯があった場合、番号ポータビリティがある今、

最大のネックになるのは、メールアドレスの変更です。

どうせなら、まぁメールアドレスをそのまま移行できないにしても、

メールアドレスの解約をするまで、パソコンメールアドレスへ転送で

きるとか、いっそのこと、パソコンでも携帯のメールアドレスが使え

るようにできて、また戻ってきたら携帯で使えるようにするとか。

そんなことしてもらえると非常にキャリアの乗り換えがし易くなると

思うのですが…。

そうなると、契約者が続々流出するキャリアも発生するかもしれませんが、

キャリア同士の本当の競争になって消費者にはいいかもしれません。

以上、特に落ちはありません。
posted by hinata at 00:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アイデア箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

アイデア箱〜『訂正!ナイナイ大辞典』の放送を!〜

『発掘!あるある大辞典』が嘘番組だったことで大きな問題になっています。

3年ぐらい前に放送された「ヨーグルトで花粉症が治る」の回で、ヨーグルトを食べて

腸を健康にすれば花粉症が治るという事で、おいらもしばらく(3週間くらい)食べましたが

結局治りませんでした。

するとその一年後、またまた花粉症に「実はヨーグルトだけではダメだった!」という

放送があり、『なんだよそれっ!?』と思ったことがあります。

それ以来『あるある・・・』はあまり見ないことにしていましたが、脳を活性化して集中力を

高める効果があると聞いて&まだそれを信じていて、バナナは今もよく食べます。

そんなこんなで、結局のところどうなのでしょうか?

これまで放送されていたことはすべてが嘘なのか?

それともホントのところもいっぱいあって・・・。

その辺がわからなくなっている視聴者は多いのではないでしょうか!?

そこで思ったのですが、ナインティナインをMCにして、これまで放送された内容を

毎週1時間で2回分の訂正番組を作って、どこがホントでどこが嘘なのかを明らかに

したらいいと思うのですが・・・。

内容は、これまで放送した内容の、長〜い前置きや引っ張る部分をカットして、結果

だけについて、「これはホント!」 or 「これはウソ!」とナインティナインが指摘します。

っで、ウソの部分を指摘する時は、やべっちが「そんなことあらへんやん!」とツッコミを

入れて訂正。

フジっ子の明石家さんまが「私、ウソをついておりました」と言っているVTR流して、

普段ボケ担当の岡村さんがまじめな顔で(あくまでも神妙に)申し訳ございませんでした、

と謝るのです。

とまぁそれは行き過ぎかもしれませんが、とにかくホントのところを知るには、そんな番組を

制作&放送してほしいものです。

もちろんスポンサー無しで。
posted by hinata at 12:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アイデア箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

アイデア箱-本当の予想外は・・・。

毎月の携帯電話料金が基本料金で済んでいて、実はさらに繰り越せて

いるおいらには、通話・メール料0円など全く魅力を感じていません。

というより、孫ちゃんのやることなど全然予想通りで、価格破壊の

切り込みは大いにやってほしいことだと思います。

予想外というのは、意外なことをいうわけで、携帯電話業界に参入

できたらやりたいことがたくさんあると言っていた孫ちゃんには、

携帯電話そのものをもっと進化させてもらいたいものです。

例えば「あなたが生きている間は充電する必要がありません!」のコピー

でCMができるほど超ウルトラスーパーすげー小型の燃料電池搭載

だったり、顕微鏡カメラつきだったり、ワンセグでテレビが見られる

なら、これまた超ウルトラスーパーすげー小型プロジェクター搭載で

ホームシアター並みに投影できたり、背面が観音開きになって実は小型

三面鏡で、女性はちょっとした化粧崩れも確認できたり(すげーアナログ

で予想外。ただし電車の中で直すのは止めましょう)。

ちょっと考えれば、予想外なことはいくらでも考えつくもので、こんな

携帯あったらすげーなぁ!っていうのを開発して商品化して、

ほしぃ〜の☆彡
posted by hinata at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アイデア箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

アイデア箱-ヘイト割増

 今お世話になっている会社のUさんが「最近、ワン切りが多くて・・・」

と「一度出てやる!!」言って待ち構えていまして、今もワン切りって

あるんだなぁと関心したところで思いつきました。

昔から事前に特定の電話番号を登録しといて、その通話相手と話した

時は割引されたり、Vodafoneでは昨年11月から「大切な人と話すなら

通話料金定額だよ〜!」というLOVE定額なるものが商品として登場した

りしていますが、これとは反対に、番号非通知で電話をかけてきた人

には「ヘイト割増」というものを商品にしたらどうかと。

携帯電話では番号通知が標準で、しかも今となってはわざわざ184を

つけて電話するというのは、何らかの意図があるわけで、そういう人

からの電話に出た場合は、電話をかけた人にキャリア(電話会社)から

1通話1分まで1万円ぐらいの高額な請求が行くとすると、悪意のある人

には結構効き目があるのではないかと思うのですが…。

ワン切りの場合は受信する人が待ち構えていて、なんとしても通話

状態にしないといけませんが、電話を掛ける者にはちょっと勇気が

必要になると思うのですが・・・。

一方でもともと番号非通知の公衆電話はどうなるのか?

公衆電話は個人的緊急事態や公的緊急事態に必要になるもので、

なかなかヘイト割増適用は難しいかもしれません…。

そこはNTTさんになんとか知恵を絞ってもらうこととしましょう。

各キャリアの商品企画開発部の皆さん『ヘイト割増』、一度考えて

みてください。

今の世の中、きっと儲かりますよ!

でも商品化したら、ヘイト割増による収益の10%ください。
posted by hinata at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アイデア箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

アイデア箱-ポイントカード編/サブタイトル:おいらはポイントカードを持たない主義宣言!?

 おいらは財布を持たず、お札はマネークリップに挟んでポケットに入れてます。

パスケースにはキャッシュカードとクレジットカードが数枚入っているのですが、

東京三菱銀行でもらったパスケース型のカードケースにはポイントカードが6,7枚。

他に家には普段は持ち歩かないポイントカードが数十枚。

外出のときは結局ズボンや上着のポケットにお札とカードケース2つ、小銭とハンカチと

携帯電話と鍵と…。

 最近思うのですがポイントカードってどうにかならないかと。

携帯電話でバーコードが読めるくらいだったら、携帯電話の中にショップを登録できて、

ポイントフォルダを作って、物を買ったら携帯で支払うと同時にそのポイントフォルダ

にポイントが貯まる式にはならないのか?と(DoCoMoさん頼みますよ〜!)

 それが開発されないのならせめてビックカメラやマツモトキヨシのような、ポイント

カードごときでキャッシュカードと同じ厚さのものはやめてほしい。

山野楽器で導入してるようなペラペラで機会に通すとポイントが書き換わり、一目で

何ポイントかわかるのがいいなぁ。

 そうでないとおいらのポイントカードケースはそのうちポイントカード冊子になって、

ポイントカード箱になって、ポイントカード…、あ〜!どうやって持ち歩けばいいんだぁ

ー!!ってことに。

 そもそもポイントってなんだぁ?

今となってはみんが同じように例えば1割分とかポイントを与えてるなら、「他店より

1割安い!」と広告した方が客が呼べるような…。

 今年に入って行きつけのクリーニング屋「喜久屋」では、土日引取りの場合に限り

ポイントが付かなくなった。

土曜の午前中に出せば日曜の夕方に仕上がるサービスだから喜久屋を利用している。

しかもポイントも貯まって。

でも平日引取りは残業もあるのでちときがきではない。う〜ん。

しかしポイント利用は経済的に大きな“ポイント”だ。どうしよう!

何とかして平日に引き取りに行くかぁ…。

携帯電話でポイント管理機能が出来るまで、やっぱりポイントカードは持ち歩こう

…(:_;)

再度、DoCoMoさん頼みますよ〜!m(_ _)m

〜DoCoMoさんに捧ぐ。でももし携帯電話でポイント管理機能ができたらアイデア料

ください。〜
posted by hinata at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アイデア箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

アイデア箱-電車編

今お世話になっている会社のTFKさんとは、他愛もない、はっきり言ってバカな話を

よくします。

だいぶ前のウォークマンの話の流れで…。

おいら:「モバイル家電で一番ネックなのは、今も昔も、「バッテリー」がノーベル

物理学賞が貰えるくらいの革命的発明がないからなんですよ!そもそも電気を溜める

ことってできないじゃないですか!?夏場なんて、原発が停止してて電力不足になる

から電気使わないでくれー!って。春の間に溜めとけよ!って思うけどそれができな

いんですよねぇ。

そのくらいの蓄電技術が発明されれば、小さくても1回の充電で半年くらい持つよう

なバッテリーが開発されると思うんですけど…。」と浅知恵を披露すると、

TFKさん:「なるほど。じゃ反対に大量の電気で動かなくても、微量の電気で家電

製品が動けばいい!?ということも?なら、『動かない電気』なんかが溜められれば

いいですよね!?」

おいら:「動かない電気!?そうですね、静電気で何でも動けばいいですよね!?」

と、さすが今日の発想の転換王だぁ!と感心。

TFKさん:「静電気ならうち(会社)が得意としてる製品で摩擦すれば起きますから

ね。」

おいら:「これから静電気の季節だから、例えば朝の通勤ラッシュの時の摩擦で起こる

静電気を、電車の車体が蓄電してそれをもとに走ればいいんですよ!」

TFKさん:「うーん、そしたら電車の中でみんなドアとか手すりでバッチバチ放電

しっぱなしですね!?でもラッシュじゃない時は、いくら静電気を溜めておいてても

さすがに走らんでしょ!?」

おいら:「そうなったらもう乗客みんなでギャングセブンするしかないですね!?」

〜車両製造各社さんに捧ぐ。でももしギャングセブン機能は無しとしても実用化され

たらアイデア料ください〜
posted by hinata at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アイデア箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

アイデア箱-ウォークマン編

 今お世話になっている会社のTFKさんとは、他愛もない、はっきり言ってバカな話を

よくします。

 今日もまたTFKさんとおいらの、2人にとっては超画期的な発明の話に花が咲きました

(タモリさんなら九分咲きくらいかなぁ)。

 話の発端は、Windowsのファイル拡張子が新しく増えたら、どうやって今使ってる

パソコンに認識されるんだ!?というTFKさんの疑問からでした。

 そこから話すと本日の本題になかなかたどり着かないので割愛させていただき、

ソニーはだいぶメモリプレーヤー・ハードディスクプレーヤーで出遅れて、ウォークマン

シリーズでも、あのくらいなら他社の方がいくらでも安くてデザインもいいものが出て

いる、という話から…。

 「そもそもウォークマンはカセットじゃないのか!?少なくともカセット型をしてない

ものに“ウォークマン”とつけてほしくないなぁ!!」と、ウォークマン愛好者

でも、ましてやソニーの人でもないTFKさんが、ウォークマンの気持ちを代弁して

いまして、「何も小さくなくてもいいじゃないか!カセット型をしたプレーヤーでも。

しかも再生中はカセットの穴にあたるところが回ったりして」。

流石!平成17年11月某日のアイデア王!と関心しながらおいらも、「いいですねぇ、

その回るところ、イルミネーションにするときれいですよね!?首からぶら下げてると、

夜なんか2つの穴がクイズタイムショックみたいに回転するんですよ!ダブルタイム

ショックですよ!…クイズに間違えてもいないのに!」と。

TFKさん:「ソニーがそんな感じで半分パロディーな商品ばっかり作ったら売れると

思うんだけどなぁ…。」

おいら:「確かに。くそまじめにデザインしてても、よっぽど斬新かつ機能的な

デザインでなきゃもうヒット商品は生まれませんよねぇ!?」

TFKさん:「昔はいかに小さくするかを競ってたけど、もういいだろ!っと、何も

小さいばかりが脳じゃないんだから…。ある程度大きけりゃ、画面をつけて映像なんかも

見られるわけだし!?」

おいら:「っでカセット《すでにハードディスクプレーヤーは『カセット』の名称に

なっている》の裏が画面になっていて、それで映画なんぞ見れたらいいですよねぇ!?」

TFKさん:「それも3Dで。しかもヘッドホンの中が、ミニミニ5chになってたりして…。

そうすればほんと納得の商品でしょう!?消費者としては!」

おいら:「なるほど。考えるとアイデアがつきませんが…。そろそろ帰りますか?

ところで今日は車で来たんですか?」

TFKさん:「いいえ、ウォークマンです。」

〜ソニーさんに捧ぐ。でももし商品にしたらアイデア料ください。〜
posted by hinata at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アイデア箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。