2007年02月10日

『吉祥寺砂場』

またまた祥寺に出没しまして、吉祥寺砂場です。
『砂場』と言うと、猫のトイレと、以前、神田にある小さな会社に勤めていた頃、室町砂場で年末の納会をしたのを思い出します。

no-title

地下へ下って『砂場』の暖簾のはずが・・・。

no-title

お店が地下にあるためか、店内でかなり風情を出しています。

no-title

まず、『玉子焼』、『鳥わさび合』、『あさり』とビール(中タンブラー)を注文。

no-title

今週も一週間お疲れ様でした。

一口一口に安らぎを感じます。

no-title

『鳥わさび合』がうまかった〜!!鳥インフルエンザなんてわさびで完全に滅菌されていました。
ここは結構メニューが豊富で、『岩もずく』、『わさび芋』、『そばがきの木の葉あんかけ』、
『お通しの盛り合わせ』などなど。どれも一度は食べたいというか、どんな感じで出てくるのか楽しみな名前が付いています。
『岩もずく』なんて、そのまんま東国原・・・じゃぁ無くて、そのまま岩にもずくが乗っかって出てきたりして・・・。
その中の一つに『わけぎ 』とあり、“わけぎ”なんて、なんて言ったらわけぎに失礼ですが、スーパーで売っている乾燥したビニールに小分けされた刻みものしか見たことなかったので、どんな風に盛られて出てくるのかと思って頼みました。

no-title

ゆず味噌に和えてあって、結構おいしかったのでありました。
ねぎの種類なので、口に入れて一噛みしたときに、中の茎を口から飛ばさないように気をつけてましょう!

no-title

その店の蕎麦そのものを楽しみたい気持ちもあるのですが、前回の吉祥寺の神田まつや以来、鴨ものの蕎麦が気になっているので、本日も『鴨南ばん』をいただきました。
posted by hinata at 21:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。