2006年02月04日

吉祥寺「よしむら」。

かなり寒い中、国分寺の行きつけの床屋(ほんとは美容室ですが、男が美容室

なんて恥ずかしいので床屋と言わせていただきます。)の帰りに吉祥寺の

「よしむら」に寄りました。
yoshimura1.jpg

店内は少し灯りを落として、有線ではないジャズ(ハービーハンコックの「処女航海」

がリピート)が流れていてBARの雰囲気で、とても蕎麦屋の風情ではありませんで

した。

でも夜に行ったこともあって、結構いい雰囲気でハートランドビールを飲みながら

生湯葉刺身と蕎麦屋のサラダ、それに出し巻き玉子をつまみました。

(出し巻きうまかった!おいらが求めていたのはこれだよ!と舌鼓♪ぽんっぽんっ♪)

「蕎麦屋のサラダ」と小皿は2つはお通し。
yoshimura2.jpg

「出し巻き玉子」と「生湯葉刺身」
yoshimura3.jpg

うまいものを食べるときは実は雰囲気は和風でも洋風でもあまり関係無いもんだなぁ・・・

と思いました。

それが証拠に、グレーのコートを着たままかなり酔っていたおじさんが一人、

カウンターで何蕎麦か分からないけど丼の温かい蕎麦を前に寝入っていて、

ふと起きては蕎麦をすすり、箸をおいてはまたコクリと寝入り、はっと起きてはまた

丼を覗いて蕎麦をすすっていました。

日本が平和で、居心地が良い店でなければこんなに油断は出来ないものです。

「開田(かいだ)」という名の蕎麦
yoshimura4.jpg

確かに珍しい名前の品と日本酒の種類は多いようです。おしながきだけでも見て

楽しめる店は少ないかも。

日本酒は苦手なのでたいがいビールのおいらですが、ハートランドビールって

初めて飲みましたが、穏和な味で好きになりました。

そしてここはどこかのカフェのように長居できる夜の蕎麦屋でした。
posted by hinata at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 蕎麦屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

吉祥寺“よしむら”
Excerpt: 最寄:吉祥寺 電話:0422-43-1717 住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町2-29-8 定休:月曜 平日:11:30〜15:00 17:00〜22:00 土曜:11:30〜15:00 17:00〜2..
Weblog: Fat-Diary
Tracked: 2011-08-07 19:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。