2006年01月08日

荻窪「本むら庵」。

 以前国分寺に住んでいた頃、中央線を利用して仕事に出ていました。

 中央線はヘボイ。…中央線がヘボイという話はいずれするとして、今日は今年の

目標で掲げた蕎麦屋巡りの第1弾で。

「本(ほん)むら庵」は中央線の車窓から見えて、通勤途中いつも素通りしていました

が、おいらの蕎麦屋行脚は全く知らない店(とこ)よりもそんな行ったことは無いのに

なぜかちょっと親しみのある「本むら庵」から始めたいと思います。

 本日おいらが頼んだ品は「つぶ貝しぐれ煮」「鴨だし煮大根」「せいろ蕎麦」&「ビール

小瓶」。

「厚焼き玉子」を注文したのですが行った時間が遅く、本日の厚焼きは終了ということで

代わりに「つぶ貝しぐれ煮」を。ちと残念。

「本むら庵」。上の看板光っちゃってすみません。
honmuraan1.jpg

前座は鴨だし煮大根。季節料理のお品書きから。
honmuraan2.jpg

真打登場。
わさびは自分で下ろします。
honmuraan3.jpg

中座敷からは、小さいけれど手入れの行き届いたに庭が見えるようです。
さらにおくにはお稲荷様も。
honmuraan4.jpg

年末、「年越し蕎麦」をいただかなかったので本日の蕎麦は「年越してから蕎麦」として

いただきました。

確かに家族や友人と、またはカップルで来ればきっと憩えるだろうなぁ。

一人で行ったおいらもかなり和めました。

客足の少ない時間帯なら、流行りのカフェで本を読むよりここで読んでみたいかなぁ…。

ずいぶん贅沢な読書になるけど。

 これから巡る蕎麦屋もきっとおいしいと思うので、品の寸評は無しとして十分憩って

来ようと思ってます。要は和めたかどうかやなぁ。

そう言えば日向子さんもここに来たんだ!かなり感動の嵐!

次の蕎麦屋では絶対だし巻き玉子を食ってやるー!

次回は吉祥寺から。日向がお伝えしました〜!
posted by hinata at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。